#06

Sarah Fujiwara

posted 2022.January

Sarah Fujiwara藤原更

BIO

Born in Aichi prefecture, Fujiwara moved to France in 2001, switching from a career in commercial photography to pursue her own creative activities. Originally interested in straight photography, it was a significant transition when she came to pursue her current theme of "making memory visible" via an approach of abstract expression. Flowers are consistently her only subject. At times rolling over us like a flood, at times like a loitering stillness, The flowers of Fujiwara's eye leap with vitality.
Paris, Belgium, New York, Italy, Fujiwara's work has exhibited in numerous major locations, beguiling collectors everywhere. Fujiwara continues her artistic endeavours whilst teaching in the Visual Media Department at Nagoya Gakuin University.
www.sarah-f.jp

愛知県出身。コマーシャル・フォトのキャリアを積み2001年からフランスを作品発表拠点にし本格的に創作活動を始める。「自己の記憶の可視化」をテーマにして写真を使用した抽象表現を追求。清里フォトアートミュージアム永久コレクションとなったドキュメントタリー作品群はストレートフォトを信条としていたが、その後感覚を作品の中に扱い始めたことは彼女にとって大きな転換となる。その対象は一貫して自然の中の、花。時に洪水のように、時に静寂を彷徨うように、更の眼に映る花は活きいきと跳躍をする。パリ、ベルギー、イタリア、N.Yなど世界の主要都市で企画展覧会が開催され、多くのコレクターを魅了。現在は名古屋学芸大学映像メディア学科で教鞭を取り、創作活動を続けている。
www.sarah-f.jp