#07

Hideyuki Ishibashi

posted April,2022

Hideyuki Ishibashi石橋英之

BIO

Hideyuki Ishibashi was born in Kobe, Japan, in 1986. He obtained BFA at Nihon University College of Art, faculty of Photography in 2009, Tokyo and MFA at Le Fresnoy - Studio national des arts contemporains (promotion Chantal Akerman) in 2018. His work, which is mainly expressed through photography, has been presented at international events such as the Unseen Photo Festival and Breda Photo, and at solo and group exhibitions in Japan, South Korea, England, Spain, France, Germany, Belgium, and Holland. Ishibashi had his first exhibition in France in 2013, where he was nominated for the Voies Off award in Arles. In 2014, he received the SFR Jeunes Talents for the exhibition "Micro-Macro" in Lille, and then received the Meijburg Art Commission Award in Amsterdam in 2018. He has been invited to several artist residencies: the Cité des arts (Paris) and the Capsule (Le Bourget) in 2019, the agricultural high school of Chartres in 2020 and the Fresnoy for the Jean Arnault Campus project in collaboration with LVMH, and the French Institute of Japan for the Nuit Blanche Kyoto in 2021. His 1st artist book "Présage" was published by IMA Photobooks in 2015, and his 2nd book "Other Voices" was published by the(M)éditions in France in 2019. His art works are represented by IMA Gallery (Shinagawa), IBASHO (Antwerp) and Bigaignon (Paris).

www.hideyukiishibashi.com

1986年兵庫県生まれ。2009年、日本大学芸術学部写真学科卒業後、2011年よりフランス在住。2018年に、フランス北部トゥールコワンにある、ル・フレノワ国立現代アートスタジオで修士を取得する。主に写真を中心に表現する石橋の作品は、Unseen Photo FestivalやBreda Photoなどの国際的な写真祭や、日本、韓国、イギリス、スペイン、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダでの個展やグループ展で発表されている。受賞歴としては、フランス、アルルの「Prix Voies Off 2013」にノミネートされたほか、フランス国内の若手アーティストをサポートする「SFR Jeunes Talents」の最終候補4人に選出され、2018年にはオランダの「Meijburg Art Commission Award」を受賞する。2019年のシテ・デ・ザール(パリ)やラ・キャプシュル(ル・ブージェ)、2020年のシャルトル農業高校、2021年のル・フレノワとLVMH社からの支援の下で制作された、ジャン・アルノー・キャンパスに向けたプロジェクト、アンスティチュ・フランセ関西のニュイ・ブランシュ京都2021における制作滞在などの、複数のアーティスト・レジデンスや依頼制作に招待されている。2015年にIMA Photobooksより写真集「Présage」を刊行し、2019年にフランスのthe(M)éditionsより写真集「Other Voices」を刊行する。石橋の作品は、IMAギャラリー(品川)、IBASHO(アントワープ)、Bigaignon(パリ)で紹介されている。

www.hideyukiishibashi.com

Artist statement

The photographs that we encounter in our daily lives are merely a piece or a collection of fragments of images. Any image is just a projection of images we have already seen somewhere before, branded with the images of ideals of our times. In other words, photography, itself, has no defined meaning (true meaning) or historical unity, but it develops meaning by being duplicated and represented (meaning production). Therefore, my research is based mainly on two aspects. Concept: How do we look at an image? How can an installation respond to an observer? How do the lines evolve between private and public, between individuals and groups? Realization: Appropriation of found anonymous materials, publicity or historical images and the association of different techniques or layers.

Hideyuki Ishibashi, April, 2022.

私たちが日常生活で出会う写真は、イメージの断片、あるいはその集合体です。どんなイメージも、既にどこかで見たことのあるイメージを、私達が生きる時代の理想のイメージとして投影にしか過ぎないのかもしれません。つまり、写真というもの自体、定義された意味(真意)や歴史的統一性を持たず、複製され、表象されることで意味を発展させていく(意味が生産されていく)ものです。その理由から、私のリサーチは主に次の2つの側面に基づいています。コンセプト:私たちは写真をどのように見ているのか?インスタレーションを用いることで、観察者にどのような反応を促すことができるのか?プライベートとパブリック、個人と集団の間の境界線はどのように発展していくのか?制作:匿名の写真やオブジェ、広告や歴史イメージのアプロプリエーション。異なる新旧の写真テクニックや、現代技術の利用。時間やイメージのレイヤー。

石橋英之 April, 2022.